講談社週刊世界百不思議再現劇場/ロトの妻が見た、ソドムとゴモラの最期                                                     
旧約聖書の創世記には、性的に堕落した町、ソドムとゴモラが神に滅ぼされた様子が記されている。神の使いの二人の天使に善人と判断されたロトと妻、そして二人の娘のみがソドムから逃れることを許された。「命がけで逃れよ。後ろを振り返ってはいけない」必死に走る4人。しかし轟音と閃光を背後に感じて、たまらずロトの妻は振り返ってしまった。神の怒りに触れ、一瞬にして塩柱となった彼女。その瞳が映し続けたのは、火の海と化したわが町であった。